水車の森の厨房より

初めまして!水車の森の厨房を任されています、並木と言います。

今日は、水車の森の食事についてお話したいと思います。

以前入所されていた方が「水車の森の食事は、まず見て楽しい、食べて美味しい」と、言って頂けました。この言葉を裏切らない様に日々努力しています。

 さて、調理を担当する者は男衆3人ががんばっています。みんなすごいこだわりを持って作っています。私自身、こだわりなくして良い料理は作れないと思っています。例えばハンバーグ。大量調理ですと、成型していきなりオーブンで焼くという所もありますが、水車の森ではレストランとかホテルと同じように、1つ1つフライパンで焼き目を付けてからオーブンで火を通します。そうすると美味しい肉汁が外へ逃げ出さないのです。また、特にこだわっているのが3時のおやつです。プリン、シュークリーム、オペラ、各種ムースを含め、スポンジまで全て手作りです。ですから、調理場の中は毎日がキッチンスタジアムのように、時間との競争です。

 ちなみに、今日もDAYさんの昼食にバイキングを行ないまして、、、。厨房大騒ぎでした。そのバイキングの写真を添えます。

 次回はこだわり中のこだわり、ソフト食についてお話したいと思います。

 

水車の森blog